木工房「tera」:目を喜ばせ、心の糧となる木のものづくりを目指して

定年後、岐阜県の森林文化アカデミーで木工を学び、卒業後、手作り市に出品する作品を作っています。製作のものづくりコンセプトが「目を喜ばせ、心の糧となるものづくりを目指して」です。ホームページは http://members.e-omi.ne.jp/steramoto です。

私のホームページはこちらです。
     http://members.e-omi.ne.jp/steramoto/index.html 


久しぶりに飛騨高山の「飛騨・世界生活文化センター」に行ってきました。

特に理由はないのですが、今後の製作にヒントになるものがないかと
思い、行ってきました。

その飛騨・世界生活文化センターから「北アルプス」の全貌が見えたので
載せます。

まずは笠が岳
DSCN3161

槍ヶ岳から続く稜線
DSCN3163

更に、穂高連峰(北穂高、奥穂高、西穂高の稜線)
DSCN3164

最後に乗鞍岳
DSCN3167

高山からの帰りの荘川での魚返りの滝
DSCN3168

これを撮った後、カメラを落としてしまい、故障
急遽、修理依頼をしました。
2週間くらいかかるとのこと。反省


私のホームページはこちらです。
     http://members.e-omi.ne.jp/steramoto/index.html 

 昨日作成した、三角形の水琴鈴は背が高すぎるのではと
妻に言われ、少し短かくしました。
鈴の入れ方を変えました。
どこが変わっているか分かりますか?

 左が昨日、作成したメ―プルの水琴鈴。高さ58mm
その横は、今日作成したとち、メープル、さくらの材 
高さは45~47mmで約10mm短くしました。
DSCN3148

私のホームページはこちらです。
     http://members.e-omi.ne.jp/steramoto/index.html 

今日は「かりん」という材で水琴鈴を作りました。

同じように作ったのですが、音色が少しづつ違います。
澄んだ音色を出すのは難しいです。
ある程度の音色は出るのですが、心にしみいる音色を出すのは
もう少し技術をアップさせなければなりません。

水琴鈴は径が17mm、で下の作品の径は19~20mmです。
薄いところの皮は1mmです。

DSCN3145

水琴鈴を作ることが出来ない(厚さが足らない)かりんの材で
どんぐりを作りました。
DSCN3146

時間が少し余ったので、「さくら」と「かえで」でも水琴鈴を作りました。
左はさくら、右はかえでです。少し変わった水琴鈴を作りました。
DSCN3147


私のホームページはこちらです。
     http://members.e-omi.ne.jp/steramoto/index.html 

今日は岐阜県各務原市で行われる木材市の日でしたが、
都合が悪くなり、行かれませんでした。


今日で汁椀、ぐい飲み、茶筒の拭き漆塗装が終わりました。

汁椀(大)、材はせん

DSCN3132

汁椀(中)、材はせん

DSCN3134

汁椀(中)、材はひのき

DSCN3136

次は癒しの音がするぐい飲み
左からけやき、さくら、くり

いい音色がします。

DSCN3137


さくらの茶筒

DSCN3139

DSCN3140

これは先月作った皿セットですが、
先月の平安楽市で、底と蓋で弁当箱として使えると
お客さんが言ってられたので、ご飯とおかずの仕切りを
作ってみました。


DSCN3141

DSCN3142

更に、水琴鈴を作りました。
材は左から、黒檀、かえで、くるみ、さくら、ブラックウオールナット

DSCN3144

いずれもいい音色がしますします。



私のホームページはこちらです。
     http://members.e-omi.ne.jp/steramoto/index.html 

今日も椀、茶筒等の拭き漆塗装をしています。
また、水琴鈴も作りました。
左からブラックウオールナット、おなじ、ローズウッドの材です。

DSCN3129

続いて、材は2つともけやきです。

DSCN3130

今回の音色はもうちょっとかな?





私のホームページはこちらです。
     http://members.e-omi.ne.jp/steramoto/index.html 

今日は今までに作った椀、茶筒等の拭き漆塗装を始めました。

それと並行して水琴鈴も作っています。
水琴鈴の在庫が少なくなっているので、少しづつ
作ってます。
左はかえで、右はくるみ
クルミは模様が派手です。

DSCN3126

左からチーク、とち、かえで です。
右のかえではなすびを意識しています。

DSCN3128

拭き漆と水琴鈴で1日終わってしまいました。





私のホームページはこちらです。
     http://members.e-omi.ne.jp/steramoto/index.html 

今日は天気予報通り、朝から晴れで、温度も上昇しました。
天気の神様に感謝しています。
この1日で、半袖でいた為、日焼けしてしまいました。
朝の平安神宮(AM9時ごろ)
朝早いせいか(?)人出は少ない?

DSCN3122

平安楽市の会場

DSCN3123

私の店です。
朝も早いせいか、人もまばら。
でも10時以降は人出はどっと増えました。

DSCN3120

今日は朝いちばんに、岐阜の I さんが来られ、水琴鈴と、
水琴鈴入りのぐい飲みを買って頂きました。そこから沢山の方が
来られ水琴鈴も沢山買って頂きました。
福の神を連れてこられたのかと思いました。
水琴鈴の一例を下記に示します。
癒しの音が皆さん気にいられています。

DSCN2211

また、今日は以前、丸の弁当箱を買って頂いたお客様が来られ、
お礼を言われました。本来ならばこちらがお礼を言わなければ
ならないのに。本当に大事に使われていられるので、作り手としては
これほど嬉しいことはありません。
確か、この弁当箱だと思います。

DSCN1899
DSCN1900

また弁当箱を久しぶりに買って頂きました。
富山から弁当箱を買いに来られました。
木の弁当箱の需要はまだまだ、あるのですね!

売れる作品が月によって変わります。
ある月は、椀がたくさん売れ、ある月は茶筒がたくさん売れ、
ある月はマグカップがたくさん売れたり、不規則です。
何が影響しているのか、分かりません。
マーケッティングの知識があれば、推測できるのかも知れませんが。

今は兎に角、幅広く色々な作品を作って色々な要望に応えていく
スタンスでやっています。

弁当箱の在庫と水琴鈴の在庫が少なくなったので、明日以降
それの補充をしていきます。

↑このページのトップヘ