木工房「tera」:目を喜ばせ、心の糧となる木のものづくりを目指して

定年後、岐阜県の森林文化アカデミーで木工を学び、卒業後、手作り市に出品する作品を作っています。製作のものづくりコンセプトが「目を喜ばせ、心の糧となるものづくりを目指して」です。ホームページは http://members.e-omi.ne.jp/steramoto です。

私のホームページはこちらです。
     http://members.e-omi.ne.jp/steramoto/index

藤沢に帰ってきて、毎日孫と遊んでいます。
3歳の孫は働く車が大好きで、そのおもちゃの車で遊んでいます。

100円ショップのダイソーで3次元パズルという組み立て式の
働く車が売っていましたので、買ってきて作り、孫の家に飾っています。


ダイソー

100円で2セットのものと1つで100円のものがあります。
なかなかよくできています。1つ作るのに30分から40分くらいかかりました。
すべてメイドインチャイナ です。
中国製のものに日本が占領されていく気配がします。
ただ安いだけでなく、品質も良くなっています。
(おもちゃだけでなく電気製品も)

私のホームページはこちらです。
     http://members.e-omi.ne.jp/steramoto/index

今朝、庭にふきのとうの芽が出ていました。
庭のふきのとうは、以前岐阜の山から持って帰り、庭に植えたものです。
もう何年も春の初めには芽を出してくれます。
ただ毎年、4~6個くらいで、もう少し出てくれたらと願っています。
今夜、1つてんぷらにして食べます。
DSCN5389

 これはまだつぼみ状態です。
DSCN5390

 前回、拭き漆をしていたものを、再度拭き漆を行いました。
マグカップ
DSCN5385

どんぶり椀

DSCN5386

カレー皿

DSCN5387

DSCN5388

拭き漆前のぐい飲み

DSCN5391

さらにカレー皿と中皿
DSCN5383

今回の滋賀での製作はこれで終わりとします。
ただ、ぐい飲みと残りのカレー皿の拭き漆の作業が残っています。

毎日、作業をしていて、少し疲れが溜まってきました。

私のホームページはこちらです。
     http://members.e-omi.ne.jp/steramoto/index

今朝、起きたら雪が降っていました。
2cm位積もりました。
工房の温度も-1度です。
とても寒いですが、カレー皿の制作を始めました。
昨日、下の写真のようにプラタナスの板を下記のように
加工しておきました。


DSCN5371

この板を、木工旋盤にくぼみを治具に挟み固定します。

DSCN5372

この板を下記のように刃物で加工します。
見えている面は下の面です。
DSCN5373

この下の面を加工するとこのような写真の形状になります。

DSCN5374

この見えている窪みをチャックに挟んで固定して、皿の内面を
えぐり取ります。

DSCN5376

このようにしてカレー皿を4つ作りました。

DSCN5378

また、カレー皿の制作と並行して、先月の椀、コーヒカップの
拭き漆を行いました。

DSCN5381

DSCN5382

今日はこれで終わりとします。

私のホームページはこちらです。
     http://members.e-omi.ne.jp/steramoto/index

 久しぶりに、帰ってきました。
2月13日の平安楽市に出店の応募をして、出店可の連絡を
頂いたのですが、緊急事態宣言が京都に出で、平安楽市は中止に
なりました。しかし、滋賀に帰ってきました。
木材置き場と物置の屋根のブルーシートが破れたので、その修理の
為に帰ってきました。

帰りの新幹線からの富士山です。
DSCN5349

DSCN5354


修理した後の、屋根の状況です。

DSCN5365

明日からは、先月の拭き漆途中の製品の仕上げと新たな作品の
制作に励んで行こうと思っています。


 私のホームページはこちらです。
     http://members.e-omi.ne.jp/steramoto/index


今日は神奈川に帰る日なのですが、朝起きたら雪景色でした。
工房前の雪模様
niwa

新幹線が通常に動いているかが気にかかります。

昨日、拭き漆の途中であるマグカップ、どんぶり椀の状況をPR

 5回塗りしたマグカップ
マグ中2

 4回塗りしたマグカップ
 マグ中1

マグ小

2回塗りのどんぶり椀
 まだ漆本来の色が出ていません。
拭きどんぶり

今日は10時30分くらいに家を出発する予定です。
道の雪が溶けていることを願っています。

私のホームページはこちらです。
     http://members.e-omi.ne.jp/steramoto/index

今日1日は滋賀に留まり、明日神奈川に戻ります。
その前に、できるだけ木工製品を作ろうとしています。

どんぶり椀1つ、マグカップ5つ を作っています。
拭き漆塗装をしています。

どんぶり腕 栗材です。径は14.5cm、高さは8cm
2どんぶり椀

次はマグカップ 材は「けんぽなし」
コーヒーカップ

材は「けんぽなし」とおそらく「とち」
マグカップ2

完成は、次回滋賀に来た時です。


私のホームページはこちらです。
     http://members.e-omi.ne.jp/steramoto/index


 今日の天候は、曇りときどき晴れ 
太陽が出たときは暖かく感じましたが、雲に隠れたときは温度が下がり
寒く感じました。

2か月ぶりの平安楽市です。
人手は前月に比べ、少なかったと言われています。
平安神宮に向かって。
2平安楽市

反対側
1平安楽市
 
 私の店
出店数が2分の1に減っているので、ゆったりと出店できました。
平安楽市4

いつもは孫2人と娘夫婦と妻の生活で、それ以外の人たちとの会話は
少ない毎日でした。
久しぶりに、木工作品を見に来て頂いて、木についての話や作品に
ついての話をするのは楽しく、ストレスが減少しました。
お客さんにとっては、迷惑かもかもしれませんが。

1人で過ごすことも好きですが、多くの人たちとの交わりも必要なんだと
つくづく思っています。
平安楽市はそういう意味で、健康と体力が続く限りいつまでも出店していきたい
と思っています。

 最近、親しく付き合っていた友人たちが、1人減り、2人減っていくと
年取ってから、親しくなんでも話し合え、お酒を飲める友人の大切さが
しみじみ判ります。

店の前面に、妻の作った「布草履」を並べましたが、今月も
売れませんでした。
前回に続き、今回もまったく売れないと、妻はがっかり
すると思いますので、思い切って
お客さんに布草履について聞いたところ、売る季節が間違っている
とのこと。(その人は布草履を履いているとのことです。)

布草履は夏場に出品すべきとのこと。冬は素足で草履をはく季節
ではない。布草履は足指を刺激し、血行を良くし、健康に貢献することを
もっとPRすべきとのアドバイスを受けました。
勇気をだして、お客さんに聞いてよかった。
このことを電話で妻にも伝えました。
どう感じてくれたか?
平安楽市3 ↑  布草履

私の作品は今回は、椀、水琴鈴が好調でした。

また、来年も楽しんで木工をします。

↑このページのトップヘ